お電話でもお問い合せ下さい 0766-20-3860

宮越工芸株式会社(営業窓口)
〒933-0951富山県高岡市長慶寺995番地
Couleur jouer クルールジュエ

一般塗装

製品の要求品質に応じて、適切な塗料の選定が必要です。建材に使用される主な塗料をご紹介します。

■アクリル樹脂塗料

■アクリル樹脂塗料

色調及び光沢の選択幅が広く、内外装問わず、焼付け塗装の代名詞として実績も豊富。
安価で高性能を確保できる最もポピュラーな塗料。

■ポリウレタン塗料

■ポリウレタン塗料

アクリル塗料に比べて、さらに色調選択幅が広く、高耐候性を保持できる塗料。
熱硬化形(一液性)と常温硬化形(二液性)があり、金属から樹脂まで各種素材に対応することができる。

■フッ素樹脂塗料

■フッ素樹脂塗料

超耐候性を有し、長期耐久性を求められる場合に利用される。
熱可塑形(PVdF)と熱硬化形及び常温硬化形(FEVE)があり、品質・用途により使い分けることができる。

施工例

モード学園コクーンタワー

2008年(H20年)10月  東京都新宿区

熱硬化型フッ素樹脂塗料   3,000㎡

設計:丹下都市建築設計
施工:清水建設

学校法人モード学園の運営する3つの専門学校などが入居しています。「創造する若者を包み込み、触発させる」という意味を込めイメージしたコクーン(繭)の様な外観を特徴としています。弊社では、同学園のファッションショーやセミナーを行う、繭の様な形をした別棟外装の三角パネルへのフッ素樹脂塗装を手掛けています。

 

モード学園コクーンタワー写真1

コンラッド東京

2005年(H17年) 1月  東京都港区

熱可塑形フッ素樹脂塗料

設計:森トラスト、住友不動産
安井建築設計事務所、竹中工務店
施工:竹中工務店

ヒルトングループの最高級ブランドであるコンラッド・ホテルのひとつとして森トラスト㈱が100%出資するMT&ヒルトンホテル㈱により、運営されているホテルです。
モダン・ラグジュアリーと日本らしさである和のデザインの組み合わせで、キーデザインが門と墨絵です。弊社では外装CWへのフッ素樹脂塗装を手掛けています。

コンラッド東京写真1

東京国際空港

2003年(H15年)10月  東京

YBフッカロン

設計:松田 平田
施工:大成・大林組

第二旅客ターミナルに低汚染熱可塑形フッ素の仕様を施し、防汚効果が高い仕上げになっています。

東京国際空港写真1

キヤノン本社棟

2003年(H15年)7月  東京

デュフロンK500  60,000㎡

設計:大林組
施工:大林組

下丸子本社は世界中の販売会社、生産会社を統括する「世界本社」であり、キャノンの中枢的建物と言えます。「光が通り抜ける」というコンセプトで建設された建物であり弊社ではその外装パネルを手掛けています。知恵と技術が集約した場所に弊社の塗装技術の粋が集約されています。

キヤノン本社棟写真1

電通本社ビル

2002年(H14年)11月  東京都港区新橋

熱可塑形フッ素樹脂塗装

設計:電通
施工:電通、鹿島建設、清水建設
   大成建設、竹中工務店

「地球環境の共生・省エネルギーをコンセプトに、100年以上の長寿命化をめざした超高層オフィス棟を中核とし、商業施設と劇団四季の劇場からなる「カレッタ汐留」、電通ホールと地下に地域冷暖房システムを持つ「汐留アネックスビル」から構成されています。 弊社では、CW部材へ長寿命化に適した熱可塑形フッ素樹脂塗装を施しています。

電通本社ビル写真1